ローズサプリは妊婦も飲めるの?飲むタイミングによって違う!

妊娠する前からローズサプリを飲んでいたという方にとって、妊娠した後もローズサプリを飲み続けて良いのかというのは重要な問題ですよね。

 

 

 

特にニオイ予防として使っていたという方にとっては、ローズサプリが使えない場合、代替え案を考えなければいけませんから、頭の痛い悩みと言えるかもしれません。

 

 

 

ローズサプリは妊婦になったあとは使うことが出来ないのでしょうか?詳しく調査してみました。妊娠したあとローズサプリを飲んでも大丈夫か悩んでいたという方は参考にしてみて下さいね。

成分的には飲んでも大丈夫だが…

ローズサプリに含まれている成分は天然由来のものが多く、含まれている化学成分も安全な香料くらいのものなので、成分的には妊婦さんが飲んでもまったく問題ありません

 

 

しかし、妊娠中は特定のものに対し吐き気を催してしまうことがありますから、ローズサプリを飲む際にそのようなことが起きる場合は服用を控えた方が良いでしょう。

 

 

 

どうしてもローズサプリを続けたいのであれば、比較的体調が安定している時期にだけ飲むというのがオススメです。

 

 

妊娠中でも妊娠初期の1か月目、その後4、5、6か月目などは比較的体調が安定している時期であるため、ローズサプリを飲んでも問題ないでしょう。

 

 

 

しかし、7か月目以降は急激に体調の変化が訪れることが多くなるようです。これ以降はホルモンバランスの変化なども相まって消化器系の働きが鈍る時期でもありますから、ローズサプリの服用は止めておいた方が無難です。

妊娠してローズサプリが飲めなくなったときは

美容のためにローズサプリを飲んでいたという方はオーガニックな美容品など、比較的簡単にローズサプリの代替品をみつけることが出来るかもしれません。

 

しかし、ニオイ予防や体臭予防にローズサプリを活用していたというような場合、なかなか代わりの品が見つからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

 

妊娠中は刺激物を多く含んだ口臭予防グミなどの使用も控えなければいけませんから、なかなか難しいところですが、赤ちゃんにもお母さんにも負荷を掛けずに口臭予防をするのであれば、科学成分を含んでいない無添加の口臭予防ガムなどがお勧めです。

 

 

体臭に関してはローズサプリの原料にも使われているローズオイルを肌に塗布するというのが良いでしょう。ローズオイルは保湿・保菌作用に優れていますから、同時に美肌効果も期待できます。

 

 

 

ローズサプリは1つで複数の効能を享受することが出来るため使えなくなると代わりの品を考えるのが面倒ですよね。しかし、ご紹介したように妊娠期間中は体調を崩さないよう工夫しながら対策を考えましょう。

妊娠中にローズサプリを飲むとどうなるの?

妊娠中はあらゆるものに対して身体が敏感になってしまいます。例えばちょっとした匂いがしただけでも吐いてしまったり、少しでも消化に悪いものを食べるとお腹をくだしてしまったりすることが多いようです。

 

 

ローズサプリは体調が万全なときであれば、ホルモンバランスの調整、ニオイ予防や体臭や口臭を薔薇の匂いにしてくれるなどの効果が期待できるのですが、妊娠中に飲んでしまうとローズサプリが原因となって体調を崩してしまうことがあります。

 

 

 

その中でもホルモンバランスの調整効果は悪い効果が出やすいようです。生理痛の緩和更年期障害の緩和をする上でローズサプリのホルモンバランス調整効果は非常に有効で、実際にそれを目的にローズサプリを活用しているという方は多くいらっしゃいます。

 

 

しかし、妊娠期間中は身体がホルモンの分泌を緻密にコントロールしているため、そこに手を加えてしまうと一気に体調を崩してしまいかねないのです。

 

 

 

また、ローズサプリは比較的強い香りを放つサプリメントですので、匂いを引き金に体調が悪くなってしまう場合もあります。

 

 

 

このように妊娠さんになった後は妊娠前だと何ともなかったようなものが体調不良の原因になってしまう場合があります

 

 

必ずしもローズサプリで体調を崩してしまうというわけでは無いのですが、もしローズサプリを飲んで調子が悪くなってしまうのであれば使うのは止めておいた方が良いでしょう。

出産後すぐ飲み始めても大丈夫?

出産後は夜泣きや授乳などでストレスが溜まりがちですし、出産の疲労からなかなか体調が万全になりにくいためリラックス効果健康効果のあるローズサプリに頼りたいところですよね。

 

 

 

しかし、残念ながら出産後しばらくはローズサプリの服用を控えるべきです。

 

 

ローズサプリに含まれている成分が身体にもたらす効能を考えると、産後の肥立ちを助けるためにもローズサプリを飲んだ方が良いように思います。

 

しかし、出産後は授乳によって赤ちゃんにも栄養を分け与えなければならないため、少しでも化学成分を含んでいるもの摂取は控えるべきです。

 

 

余談ですが、産後はローズサプリだけに限らずアルコールやカフェインなども控えるようにしましょう。これらの刺激物はある程度身体が成熟する成人後であれば問題ありませんが、赤ちゃんにとっては毒になります

 

 

 

多少これらの成分を吸収したからといって赤ちゃんの体調や健康が急変することはありませんが夜泣きがひどくなる情緒不安定になるなどの症状が出ることもあるため注意してくださいね。

妊娠・授乳中も飲めるローズサプリがあるって本当?

ローズサプリの中には天然由来の成分だけを使って作られたオーガニック志向の高いものがあります。

 

 

化学成分を一切使用していないために、少々値段が高額で、香料などが含まれたローズサプリと比べると少し香りは落ちますが、天然成分100%のものであれば妊娠・授乳中にも飲むことが可能です。

 

 

 

妊娠・授乳中でも飲めるローズサプリをご紹介しますので、気になるという方は是非参考にしてみて下さいね。

薔薇の滴

薔薇の滴は農薬を一切使わずに育てられたオーガニックなダマスクローズのみを使って作られるローズサプリで、美容とニオイ予防に効果的な点が特徴です。

 

 

 

最近は一粒で25mgものローズオイルを含んだローズサプリもある中、薔薇の滴は10mgと少しローズオイルの量が控えめですが、美容に良いビタミンEや口臭・体臭予防に最適なグレープシードオイルをたっぷり配合しています。

 

 

 

妊婦になっても美容にしっかり気を付けたいという美意識の高い方に薔薇の滴はオススメの一品と言えるでしょう。

 

 

 

しかし、薔薇の滴は天然由来の成分のみを使用して作られたローズサプリの中では香りが強めです。なので、匂いに敏感になっている時期は使用を控えるようにしてくださいね。

エンプレスローズ

エンプレスローズもまた薔薇の滴と同じように天然の素材にこだわって作られたローズサプリです。

 

 

 

薔薇の滴との主な違いはローズヒップオイルを配合している点でしょう。ローズヒップオイルとは薔薇の花びらから作られるローズオイルとは違い、実から作られるオイルのことを指します。

 

 

 

得られる効能はローズオイルと大差ないですが、どちらかと言うとローズヒップオイルの方が美容対策に適しているのだとか。

 

 

 

ローズサプリを選ぶときに重要なのはローズオイルの含有量が多いものを選ぶということなのですが、エンプレスローズに含まれているローズオイルは2mgと少な目。

 

 

 

しかし、エンプレスローズの原料となるダマスクローズは最高級のもののみを使用しているため、少ない量でも大きな効果が期待できるようです。

まとめ

始めて妊娠するという方にとって、妊婦という状態は分からないことばかりで何をするにも細心の注意を払わなければいけないため、とても疲れてしまいますよね。

 

 

 

そんな時は天然由来の成分のみを使って作られたローズサプリを飲んでほっと一息つくようにしましょう。妊娠中はなかなか気が抜けませんが、ローズサプリはそんなときにも優しく貴女に寄り添ってくれますよ。